不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

不妊症の原因〜中絶〜

中絶と不妊症
医療技術の進歩した現代社会において、中絶することが即、不妊症の原因となるわけではありません。

だからと言って不妊症になる危険性がゼロかといえば、そうではないわけです。


中絶という医療行為は、人工的に子宮内の胎児を取り出すわけですから、子宮壁に損傷を負ってしまたり子宮の内部や卵管などに炎症を起こす危険性も存在します。

また、そのことが原因となって卵管が詰まってしまうことも考えられますし、特に、中絶を繰り返返しますとその危険性は益々高くなってしまいます。


将来的に不妊症になる可能性も
当然のことながら、危険を冒してまで妊娠中絶をするわけですから、そこに至るまでには色々な理由や葛藤があったこともよく分かります。

それは望まない妊娠だったり、経済的な理由や産みたくても病気で産めないなど、止むを得ない事情があったのではないかと思います。


しかしながら、もし仮に中絶を考えようとする場合は、将来的に不妊症になる可能性もあるということを常に考慮するということは非常に重要なことです。

だって、子供が欲しいのに出来なかった時のことを想像してみてください。
不妊症治療で苦労されている人はたくさんいらっしゃいますよ。


それでもなお、どうしても中絶をしなければならない事態になった時は、的確な処置のできる医師のいる病院で実施してもらうようにしたいところです。

医師と言いましても名医と呼ばれるような人から、ちょっと言葉は悪いかもしれませんけどヤブ医者と言われるようなひとまで、ピンからキリまで存在しますからね、この辺のことはご注意ください。



TOP PAGE