不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

不妊症と中絶の危険性

中絶すると不妊症になる?
中絶というものが何度も繰り返されるということは、もしかしたら
不妊症になってしまうのではないか?と思われる方も多いのではないでしょうか?

もし仮に過去において、妊娠中絶をしたことがあって現在妊娠できないでいるとすれば、その時の中絶に原因があるのかもしれないと思ってしまい、悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。


ちなみに中絶とはその要因により自然流産、人工流産、自然死産、人工死産に区別されます。

ところで本当に中絶すると不妊症になってしまうのでしょうか?

現実的には中絶したからということで、一概に不妊症になるわけではありません


今の時代は、医療技術も進歩しておりますので、かなり安全に中絶手術が実施できるようになっています。

的確な処置が正しく実施されていれば、不妊症になる確率は大変低いものなのです。


不妊症になる確率がゼロではありません
しかし、不妊症になる確率がゼロではありません。中絶しても絶対に不妊症にならないのかと言えば、それは嘘ということになってしまします。中絶が原因で不妊症になってしまうケースがあるのも事実です。

中絶手術というのは、人工的に子宮内の胎児を取り出すことになります。このような医療行為は、やはり子宮に負担をかけてしまうのは当然のことだと思います。


例えば、中絶処置のことを考えてみましょう。この時に子宮壁がダメージを受けてしまう可能性は、決して低いものではありません。

さらに子宮の内部や卵管などに、炎症が引き起こされる危険性だってあるわけです。そうなると、炎症が原因で卵管が詰まってしまう事もあるかもしれません。


したがいまして、将来的に子供を望むのであれば、やはりできるかぎり人工中絶は避けた方が良いということになりますね。



TOP PAGE