不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

不妊症の男女比率

妊娠できない状況が2年以上
結婚をしますと子供がいて当たり前みたいな風潮がありますし、まだ現に赤ちゃんのできることを望んでいるご夫婦が多いのも事実ではないかと思います。

そこに、不妊症という問題が横たわるケースもあるわけなのです。

不妊症とは妊娠することを望み、そして普通に夜の夫婦生活が営まれているのに妊娠できない状況が、2年以上経過していることです。


さてこのような不妊症なのですが、その原因というのは色々あります。そして不妊症の原因の男女比率についても気になるところではないでしょうか?

不妊症の原因が女性の側にあるケースが5割、男性が3割、そして原因不明が2割という内訳になっているそうです。


検査してもらいましょう
子供ができませんと、つい女性の側に問題があるのではないかと言われがちですが、男性の方に原因があるケースも3割と言う数字になっているわけですから、女性だけが責められるのはお門違いと言うことになります。

赤ちゃんができることを切望しているご夫婦にとって、子供ができないというのは非常に大きな問題なわけです。


以上のような妊娠できない状況が継続的に続きますと、不妊の原因を検査してもらって、不妊治療の検討を始める夫婦も多いと思います。

そのようなことから実際に不妊症の原因を診てもらうためには、不妊治療を実施している産婦人科等に行って検査してもらう必要があります。


一般的に多いパターンとしましては、不妊症の原因の男女比率で5割が女性であるということからも、

まずは奥様が検査をしてもらってから、その後にご主人も診てもらうというケースが多いそうです。


※関連記事
不妊症の検査は早い方が良い



TOP PAGE