不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

不妊治療の目安となる金額

※「不妊治療と費用の問題」からの続きです。

タイミング療法の費用
不妊治療の最初の段階では、まず基礎体温の確認や尿検査が行われます。

そして超音波検査などを経てタイミングを合致させて妊娠が自然の形でできるように促進する方法が実施されます。


ここまでの治療につきましては、保険が適用されますので3割負担ということになります。

大体の見当としましては、1周期につき5000円程度の治療費となるでしょう


以上のような不妊の治療方法はタイミング療法と呼ばれております。このタイミング療法は、大体6ヶ月ほど実施されることになりますが、ここで妊娠という結果が得られなければ、不妊治療も次の階段へと1つ登らなければなりません。


人工授精と体外受精の費用
次の段階は、人工授精ということになります。これは、摂って保存してあった精子を排卵するタイミングを狙って子宮の中に注入するという方法になります。

人工授精は、高度な医療技術が必要となるために、費用の方も高額なものになってまいります。1回の治療で、大体1万円から3万円の費用が発生します


このような人工授精でも、妊娠しないということになりますと、さらに階段を登ることになりまして、体外受精や顕微受精という治療が必要となってくるでしょう。

また、治療の対象となる女性が高齢ということになりますと、体外受精の実施というケースが多くなってまいります。


体外受精の治療は、1回につき30万円から50万円くらいの費用が必要です。ただし、高額治療というケースでは、自治体が助成金という制度を用意しているところもあります。

これは都道府県などの地域によって違いがありますので、各地域のホームページをチェックしてみると良いでしょう。



TOP PAGE