不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

冷えを改善すると妊娠しやすくなる

※「冷え性が原因の不妊症」からの続きです。

増加傾向にある冷え性
最近、冷え性の女性が増加傾向にあるようですが、実はこの冷えも不妊症の原因になることがあります。

冷え性ということは身体の血液循環が悪い状態でもあるわけでありまして、そうすると色々な不具合が現れてくることになります。

血液にはエネルギー源となる栄養素、ホルモン、酵素が含まれておりまして、これらのものが正常に運ばれなくなりますと身体の機能低下を招いてしまいます

この新ナチの機能低下には、子宮や卵巣の働きも含まれておりますので、生殖機能も低下してしまうということです。

これらのことに加えて、冷えは子宮内膜症、子宮内膜炎、子宮筋腫にもなりやすい環境にあると言えますので、さらに不妊症の確率が高くなってしまうわけです。


卵巣のホルモン分泌にも影響する
また、冷え性は卵巣のホルモン分泌にも悪影響を与えてしまいます。このことが冷え性は妊娠できない原因となると言われる所以なわけであります。

冷え性の方の中には、それを自覚しない人たちもいらっしゃいます。例え自覚がなかったとしても、体温測定を実際に行ってみると低体温症だったということもありがちなことです。


例えば、なぜか分からないまま、酷い生理痛に悩まされていたり、あるいは排卵がおかしいということであれば、冷え性の可能性を考えた方がいいかもしれませんね。

不妊症治療は、早く始めるに越したことはありませんが、冷え性を放置していてはやはり問題があります。冷えの体質改善を行い、血行を促進して妊娠しやすく体内環境を整えてあげることも大切なことです

このようにして体質改善を行うことが、不妊治療にも良い影響を与えることにもなるでしょう。



TOP PAGE