不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

妊娠しやすいタイミング

※「不妊治療のタイミング法とは?」からの続きです。

タイミングを合わせましょう
不妊治療のタイミング法というのは、医師の指導に基づき最も妊娠しやすい日でもある女性の排卵日のタイミングに合わせて性交渉を行うことです。

また妊娠する確率を高くするためには、新鮮な卵子に対して元気で質の良い精子でもって受精させてあげることがとても大切になってまいります

このように卵子は新鮮な方が良いのですが、実は排卵日から三日ほど経過すると卵子というのは老化してしまうんですね。


ところで排卵日の三日より前ということになるとどうなってしまうのでしょうか?

排卵日の三日より前ということになりますと、受精のタイミングに当たっては元気な卵子に対してまして、精子が卵管で卵子を待っている時間が長くなるため精子の方は既に老化が始まっている可能性が大きいと言われております。


気持ちにゆとりを
タイミング法では、排卵日前の三日から排卵した後の一日までの合計日数として五日間に性交渉を持つことが最も妊娠する確率が高く、そして流産の確率が低いと説明しています

もし、なかなか赤ちゃんを授かることができないということであれば焦ってはいけません。気持ちにゆとりを持ってくださいね。不妊の悩みそのものがストレスとなって余計に妊娠を遠ざけてしまうことになります。


焦らずに気持ちにゆとりを持ち、半年から一年程度の時間をかけて上記のタイミング法を採り入れてみてはいかがでしょうか?

※卵子の老化
女性の卵子とうのは年齢とともに老化します。例えば35歳の女性と20歳代の女性を比較した場合、35歳の女性の妊娠できる確率は半分になってしまうそうです。

不妊治療は出来る限り早く行いましょう。



TOP PAGE