不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

不妊治療の人工授精とは?

タイミング法から始まる不妊治療
不妊治療といいますと、まずはタイミング法から始めるのが一般的なスタイルではないでしょうか?

でも治療は始めたもののなかなか妊娠しないとか、治療の過程で何かしらの原因が明らかとなった際に、人工授精を提案されることもあるでしょう。

ところでその人工授精というのはどのようなことをするのか疑問に思う方もたくさんいらっしゃることと思います。そもそも人工授精とは不妊治療の中においてどのような位置づけなのでしょう?

ここではこのあたりのことをご説明してまいりたいと思います。


人工授精とは?
人工授精というのは簡単に言ってしまえば、まずは予め男性から精子を採取してお来ます。そして、その中から元気の良い精子だけを選び出しておいて、女性の排卵予定日にカテーテルを使って子宮の中に戻してあげるという治療方法になります。

活発に動いている精子を選ぶわけですから元気があります。それを極力卵子が受精するように直接注入しますので、タイミング法よりも妊娠する確率は高くなります。

人工授精が実施されるケースとしては下記のことが考えられます。


【人工授精が行われるケース】
・女性側の問題
(1)子宮頚管の中の粘液分泌に異常がある場合。
(2)女性器異常により性交渉が困難。

・男性側の問題
(1) 無精子症や精子が少ない乏精子症(ぼうせいししょう)の場合。
(2)一般的にはEDと呼ばれる勃起不全のため性交渉が困難。

上記以外にも原因不明の不妊症の場合も人工授精が実施されます。


※こちらに続きます。
>>>人工授精の種類



TOP PAGE