不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

不妊治療の一般不妊治療とは?

日常生活の改善から始めましょう
赤ちゃんを望みながらも数年に渡ってできないご夫婦が、最後に夢をかなえるための手段が、いわゆる不妊治療と呼ばれている方法ということになるかもしれません。

ただ不妊治療と言いましても、その方法には色々な段階があります。いきなり人工授精だとか体外受精という方法が採用されるわけではありません。


不妊治療は多くの場合、タイミング法からスタートするのが一般的です。

不妊治療のためのタイミング療法、排卵誘発剤の使用、人工授精、体外受精などの方法は、具体的な内容はともかくとして名称くらいはご存知の方が多いのではないでしょうか?

もちろん、不妊治療に入る前に日常生活の中での改善すべき点はあります。例えば、化学物質との接触や過度な運動は控えるとか、きつい下着を避けるなどということですね。


一般不妊治療と高度生殖医療
それらのことを踏まえた上での不妊治療なのですが、実際に医療の現場で行われている不妊治療にはどのような方法があるのでしょうか?

そもそも不妊治療というものは二つに大別することができます。それは一般不妊治療と高度生殖医療の二つの方法になります。


【一般不妊治療】
治療と名前のつくものには、何らかの原因があって不具合が生じているわけでありまして、その原因を明らかにすることで治療が始まるわけですね。それは不妊治療においても同様なのであります。

一般不妊治療は、まず最初に不妊の原因を明らかにするための不妊症検査からスタートします。不妊症検査の結果、明らかとなった原因を踏まえた上で次の治療に移行していくわけです。


※こちらに続きます。
>>>不妊治療の高度生殖医療とは?



TOP PAGE