不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

不妊治療の高度生殖医療とは?

※「不妊治療の一般不妊治療とは?」からの続きです。

不妊の原因に対処する
一般不妊治療は、不妊の原因を明らかにするための不妊症検査からスタートします。そしてその次の段階として、不妊の原因となっている障害に対して治療が施されるわけですね。

例えば、排卵に問題のある排卵障害ということであれば排卵誘発剤を利用することになります。また、子宮筋腫が原因ということであれば筋腫核手術の実施ということになります。


不妊症検査の精液検査で問題が見つかったり性交障害ということであれば、人工授精のような精子を人工的に子宮の中に注入するという方法が実施されることになります。

当たり前のことではありますが、不妊症検査で問題がない場合だってあります。その時は、自然に妊娠できるように排卵の時期に合わせるためのタイミング療法の指導が行われることになります。


一般不妊治療が失敗の場合
以上のような一般不妊治療が6ヶ月から1年間行われても妊娠できないということであれば、不妊の原因の内容にもよりますが、次の高度生殖医療という次の段階へと速やかに進むことになります。

【高度生殖医療】
高度生殖医療は、妊娠のための治療方法としては最後の手段ということになります。高度生殖医療とは、体外受精や顕微受精などの実施ということです。

高度生殖医療では、顕微授精などを駆使して卵子を取り出します。そして精子と受精させた上で数日間の培養期間を経て細胞分裂が見られるようであれば女性の子宮お中にに戻すという方法になります。

このような方法は、人工受精と比較しましても受精率は高い数字になっております。



TOP PAGE