不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

体外受精とは?

「試験管ベイビー」誕生
その昔、「試験管ベイビー」という言葉がもてはやされた時代がありましたが、皆さんはご存じですか?あれは1978年のことでした。

イギリスで世界で初となる体外受精による赤ちゃんが誕生したんですね。このニュースはあっという間に世界中を駆け巡って大きな話題となりました。


それは日本でも例外ではなく、大きな注目を集めたわけであります。そんなことから「試験管ベイビー」という言葉が色々なメディアに登場することになりました。

何しろ不妊で悩む人たちにとっては、とてつもなく大きな朗報となったわけでありますから、多くの人たちの希望の光となったのは間違いのないところだと思います。


急速な進歩を遂げている体外受精
最近は、「試験管ベイビー」という言葉を使うことはほとんどありませんけどね。ちなみに日本で始めて「試験管ベビー」、要するに体外受精児が誕生したのは1983年のことになります。

イギリスで始めて体外受精による赤ちゃんが誕生して以来、世界各国でも様々な体外受精の研究が行われてまいりまして、不妊治療の医療技術において、急速な進歩を遂げて現代に至っているわけであります。


それでは実際に、体外受精とはどのうような治療をおこなうのでしょうか?ここでは、体外受精についてご説明してまいりたいと思います。

そもそもが「試験管ベイビー」という言葉を使っているわけですから、ある程度想像できるかもしれませんが、体外受精を簡単に言えば女性の体外で卵子と精子を受精させる不妊治療のことになります


※こちらに続きます。
>>>体外受精で行われること



TOP PAGE