不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

不妊治療の顕微授精とは?

顕微鏡の下で受精を行う
不妊症の治療の一つとして行われる方法の一つに“体外受精”と呼ばれる方法がありますが、この“体外受精”という言葉は、今の時代となっては、ほとんどの方がご存知なのではないでしょうか?

それでは“顕微受精”はいかがでしょう?皆さん、聞いたことありますか?


体外受精と顕微授精をそれこそ文字だけ並べて見ますと、同じような治療方法みたいに感じるかもしれませんね。しかしながら、治療の過程をみればその違いはハッキリとします。

顕微受精というのは、文字通り顕微鏡の下で受精を行うことになります。受精は体外で行うことになりますので、顕微授精もまた、体外受精の一種であると言えます


使われる精子は一個
体外受精の具体的な流れは、女性の側から採取した1個の卵子と男性の側から採取した50000個を超える卵子を一緒にすることで自然な形での受精を待つことになります。

そんな一般的な体外受精に対して、顕微受精は一歩先を行く方法になります。女性の側から1個の卵子を採取するところまでは同じですが、その1個の卵子に対して用いられるのは1個の精子なんですね。

顕微鏡の下で、1個の卵子に対して1個の精子を直接注入することで受精を促しながら、その時を待つことになります


上記のような方法をICSI(イクシー)というけですが、今現在、顕微授精といえばICSI(イクシー)と呼ばれる方法になります。

受精の段階をアシストするのが顕微授精であり、それ以外の流れは一般的に行われる体外受精と全く同じものになります。


※こちらに続きます。
>>>顕微授精のメリット



TOP PAGE