不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

非配偶者間人工授精とは?

人工授精も当たり前の時代です
人工授精と言いますと、不妊症治療の中でも当たり前のように行われるような時代になっているのではないでしょうか?

人工授精は、前もって男性側から採取した精液の中から、分別しておいた元気な精子だけを準備しておきます。そして、女性の排卵日を予測して、その予定日にカテーテルを用いて女性の子宮内にダイレクトに注入する治療法になります。


卵子が受精しやすい状態にあるタイミングで、活きのいい活発な精子がダイレクトに注入されますので、人工授精はタイミング法などよりもはるかに妊娠しやすいと言えます。

しかしながら、男性の側に不妊の原因があったとしたらどうなってしまうのでしょうか?


禍根を残しかねない非配偶者間人工授精
当然のことながら、元気な精子を事前に用意できなくなってしまいますよね。このような場合、夫ではない、別の男性の精子を活用して人工授精を実施するという選択肢もあります。

これが“非配偶者間人工授精”と呼ばれる不妊治療の一つの方法なのであります。上記の人工授精と違い点は、夫以外の精子を利用するというところだけです。

他の流れは、一般的に行われる人工授精を何ら異なる点はありません。


当たり前のことではありますが、夫以外の精子を使っているわけですから、誕生する子供は夫とは血のつながりはありません。

このことから誰もが心配になると思うのですが、血の繋がらないことからくる先々のトラブルのことです

実際にトラブルになったケースというのは、具体的な数値は表面に出てまいりませんが、現実には少なからずあるようです。


※こちらに続きます。
>>>非配偶者間人工授精適用の条件とは?



TOP PAGE