不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

手術まで含まれる一般不妊治療

二つに分類される不妊症の治療方法
不妊症の具体的な治療の方法というのは、大きく二つに分類することができるのですが、それは下記のような捉え方になります。

【不妊症の治療方法】
(1)一般不妊治療
(2)生殖補助医療


それでは個々に見ていくことにしましょう。


(1)一般不妊治療
医療技術が目覚ましい勢いで進歩する時代にあって、不妊症の分野においても例外ではないわけであります。今や、費用的な問題はあるにしても体外受精や顕微授精などの高度不妊治療は、かなり一般化しているようにも思います。

これら高度不妊治療に頼ることなく、不妊症の方に施される治療方法が一般不妊治療ということになります。具体的には、下記のような方法を上げることができます。

一般不妊治療

・性交指導
・人工受精
・ホルモン療法
・手術


不妊にお悩みの方が病院に行きますと、まず最初に性交指導から始められることになります。一般的にはタイミング療法と呼ばれることの方が多いかもしれませんね。女性の側の排卵に合わせて性交を行うことで、経過を見ることになります。

そしてタイミングを合わせた性交指導でも、成果が出なかった場合、ホルモン療法や人工受精が実施されることになるわけですね。人工授精までチャレンジした結果が、芳しくないようであれば、一般不妊治療から先の生殖補助医療に進んでいくことになるのであります。

また、子宮筋腫やポリープがあって、それが不妊症の原因となっている場合は、摘出するための手術が行われることもあります。


※こちらに続きます。
>>>高額な費用のかかる生殖補助医療



TOP PAGE