不妊症の原因

不妊症の原因

不妊症の検査

不妊症の治療

不妊症対策

不妊症の芸能人

高額な費用のかかる生殖補助医療

※「手術まで含まれる一般不妊治療」からの続きです。

【不妊症の治療方法】
(1)一般不妊治療
(2)生殖補助医療


(1)の一般不妊治療については、「手術まで含まれる一般不妊治療」をご参照ください。

(2)生殖補助医療
一般不妊治療を実施した結果、やはり妊娠することができずに、さらに妊娠を希望するのであれば、生殖補助医療を行うことになります。生殖補助医療では、高度不妊治療である体外受精や顕微授精が施されることになります。


体外受精や顕微授精などの高度な不妊治療である生殖補助医療も、文字で表す分には簡単ですが、現実の問題となった場合、非常に経済的な負担の多い治療になってしまうんですね。そしてその負担は、体力的にも精神的にも大きなものなのです。

したがいまして、安易な考えで生殖補助医療へと駒を進めることは問題がありすぎるのです。充分にご夫婦で検討した上で決断をするべきものです。もし、タイミング法から始まる一般不妊治療で成功しなかった場合でも簡単に結論を出すのはやめておきましょう。

費用の面から申しますとそれこそ病院によって違いはありますが、体外受精の場合、大学病院等でおおよそのところ10万円代、諸費用が高い病院ですと70万円を超えるところもあります

また、治療を行う病院によっても確率にかなりの違いが出てきます。さらにはコストの問題もあり、一回で成功すれば良いのですが、何度も繰り返すようであれば、かなり辛いことになってしまうはずです。

したがいまして、お二人でよく話し合って決めていただければと思います。



TOP PAGE